オススメ記事

スポンサーリンク

CRFマクロスフロンティア3のスペック詳細が判明!2400発搭載旧規則機だし覇権確定か!?

CRFマクロスフロンティア3のスペック詳細が判明!

SANKYOより3月18日に導入予定のパチンコ新台「CRFマクロスフロンティア3」のスペック情報やティザーPV、公式HPなど続々公開されました。

マクロスフロンティアシリーズとしては第3弾となる本機は、SANKYO最後の2400発搭載機とであり、マクロスというビッグコンテンツとなるため、非常に価値のある機種になるのではと期待されているようです。

 

■CRF.マクロスフロンティア3R (三共)

 

旧規則 2400発搭載 V確ループタイプ

 

・大当り確率 約1/319.7
・高確率 約1/128.5

 

・賞球
へそ4個 電チュー1個
他入賞 左4個 右7個
アタッカー15個
・カウント 10C

 

・確変割合
特図1 50%
特図2 65%

 

・時短回数 100回
・時短込み継続率 約74.4%

 

・平均SA 約21
※101回転目~約36

 

・平均TY 約4111
・モードTY 約6300

 

・オーバーチャージシステム
へそに振分装置を搭載
1:48で特図2(2C)と特図1を振分
通常中特図2抽選を受けられるシステム
システム加味した左打ちの確変割合は約50.6%となる

 

大当り内訳

 

・特図1
10% 16R確変 約2400発 電サポ次回
40% 3R確変 約450発 電サポ次回
50% 3R通常 約450発 時短100回

 

・特図2
50% 16R確変 約2400発 電サポ次回
6% 16R確変 約2000発 電サポ次回
9% 3R確変 約450発 電サポ次回
35% 3R通常 約450発 時短100回

 

100回転までは確変か時短か分からないようにされており、
様々な確変示唆、確定演出が盛り込まれている。
搭載楽曲は新曲含む全18曲。

 

各メーカーが新規則機の販売に移行する中、
コンテンツ力のある2400発搭載旧規則機の為、非常に価値のある新台。

 

検定有効期限 2021年2月27日

 

納品開始予定日:3月17日(日)~
販売目標台数:約25,000台

URL:https://ameblo.jp/modeone/entry-12435213003.html

 

PV動画

 

公式サイト

URL:https://fever.s-pwfl.com/special/phm/

 

解析ページはこちら

CRFマクロスフロンティア3(ミドル・ライトミドル) パチンコ スペック ボーダー 止め打ち 解析まとめ
SANKYOよりパチンコ新台【CRFマクロスフロンティア3】が2019年3月18日より導入開始! 本機は人気コンテンツ「マクロスフロンティア」シリーズ最新機種で、3年ぶりに復活!

管理人のコメント

SANKYO最後の2400発か・・・こりゃ新装打ちに行かなきゃな。

コメント