立ち回り方(2)天井&ゾーン狙い

誰でもできる打ち方立ち回りのコツは天井&ゾーン狙いです。まずは貯玉を簡単にできるようにするために会員カードは作ってください。

 

スロット天井狙いで稼ぐためには?

天井狙いとは、台に座って打ち始めたら必ず何かしら当たるまで(天井に到達するまで)打つことになるので安定して勝ちやすい打ち方です。その代わり台の選び方には妥協は一切できません。

ハマリ台に座って当たるまで打てばいいだけなのでとても簡単で、初心者にオススメのスロットの立ち回り方です。天井に到達するとなにかしらの恩恵がある場合が多いのでトータルの収支で期待値が高くなります。

 

天井狙いのポイント

天井狙いのポイントは打ち出しゲーム数に妥協しない事です。なかなか良いゲーム数の台が見つからないと、探すのがめんどくさくなり自分の好きな台で打ち始めてしまう人が多いのです。

天井狙いで稼ぐためには、足を使い複数の店舗を回る努力も必要なのです。

もう一つのポイントはヤメ時です。天井に到達しても必ずしもたくさんので球が出るとは限りません。投資した金額より出玉が少なかったとしても、ヤメ時はしっかり守って辞めることが大切なのです。

 

ゾーン狙いも併用させることでさらに勝率UP!

ゾーン狙いとは一定のゲーム数以内であたり易いゾーンがあり、そこを狙って台を選ぶ打ち方です。

狙い目ゲーム数が複数あるので天井狙いに比べて試行回数を稼ぎやすく、また平均投資額も少なくすみ平均稼働時間も短いので、時間効率が高くなります。

 

ゾーン狙いのポイント

ゾーン狙いのポイントは天井狙いよりも、打ち出しゲーム数、やめゲーム数をシビアに徹底することです。

当たらない場合が多いが、投資金額も少なく数を多くこなすことができるので、天井狙いに比べてリスクを減らすことができます。そして少ない出球の余りコインをしっかり流し、負けたときの支出を減らすことが、ゾーン狙いのポイントです。

 

続きはこちらをクリック:立ち回り方(3)